サンケン工業

アルマイト処理

アルマイト処理とは


アルミニウムを電気分解させることにより、
表面に6μ~20μの絶縁皮膜を付け、製品の腐食を防ぎ外観を奇麗に保ち、強度を持たせる処理のことをアルマイトと呼びます。
(陽極酸化被膜と呼ばれることもあります)

槽サイズ(奥行×深さ×幅)

シルバーアルマイト(白) 900×900×2000
ブラックアルマイト 600×700×2300
ステンカラーアルマイト 240×670×2170
レッドアルマイト 550×620×900
ブルーアルマイト 480×680×1750

※カラーアルマイト(染色アルマイト)はお客様が希望する色を工程の中で着色します。

※カラーアルマイトは2次電解着色ではない為、紫外線による色焼けがあります。
 屋外には向きませんのでご相談下さい。

硬質アルマイト 900×800×2150

※非常に硬い被膜が付く為、強度・硬度が必要な製品、摩耗しやすい摺動性の必要な製品
 に有効です。

パルコート処理 500×650×1250

※ノンクロムアロジン処理。塗装の下地に有効です。

電解研磨(SUS) 960×650×1450

※ステンレスの表面の光沢を出します。
※ステンレスの溶接時の変色も消えます。

サンドブラスト 800×1500×1500

※砥粒はガラスビーズの#100です。
※外観キズを目立たなくし、表面をマットな仕上がりにします。

ページのトップへ戻る